アパート・マンションのメリット

費用面で抱える負担が少ない

アパート・マンションを選ぶメリットの一つが、費用面です。購入資金を用意する必要がないため初期費用は購入する場合より低く抑えられます。また、住み続ける中で設備が劣化したり、地震や浸水といった災害で壊れてしまったりしたとき、持ち家だと修繕や交換にかかる費用は個人で負担しなければなりません。しかしアパート・マンションの場合、故意の破壊などのよほどの理由がなければ、入居者ではなく大家さんや管理会社の側で対応してもらえます。そのほか、固定資産税が必要ない点、自分の収入に合わせて、無理なく生活できる家賃で生活することが可能な点など、さまざまな場面で負担するべき費用が少なく済むことがアパート・マンションの大きなメリットとして挙げられます。

引っ越し(住み替え)が容易

アパート・マンションを選ぶメリットとして、引っ越し(住み替え)がしやすいことも大きいです。飽きてしまった、ご近所とトラブルが起こってしまったなど、住んでいる場所から距離を取りたくなった場合。自分や家族の通勤・通学を便利にするため、駅や進学先、勤務先の近くに住みたくなった場合。実家の近くにいなければならなくなった、遠方への転勤が決まったなど、住むべき場所が変わった場合。生活の変化や人生設計の変更に伴って住む場所、あるいは家を変えたいと感じるタイミングは少なくないはずです。そんなとき、身軽に引っ越しを検討することができるのは、持ち家と比較したときのアパート・マンションの大きな魅力といえるでしょう。