戸建てのメリット

集合住宅と戸建て物件の違い

賃貸物件と言えば、アパートやマンションといった集合住宅が多いでしょう。家主が土地を効率的に利用できる集合賃貸住宅は、投資対象として手を付けやすいからです。賃借人にとっても、町内会や自治会に加入する煩わしさがなく、共有部分の管理を賃貸人に任せられることから、とても便利で使いやすいというメリットがあります。セキュリティ上も、集合住宅なら管理システムを備えた物件が多いので、安心して生活できます。戸建て住宅では、こうした利便性や安全を確保しにくいかもしれません。

しかし、数が少ないとはいえ、戸建て物件も一定の人気を保持しているのです。戸建て物件は、駅近でなくても、閑静な環境で静かに暮らしたいという人たちに支持されていると言えるでしょう。

戸建て賃貸のメリット

戸建て物件は、隣家との距離があり、集合住宅のように壁を隔てて他人が住んでいるという状況を避けられます。したがって、近隣の生活騒音に悩まされずに済むでしょう。また、庭付きの戸建て住宅なら、家庭菜園や花壇のスペースを確保できます。土いじりの好きな人には最適な環境なのです。さらに、敷地に余裕があれば、屋根付き駐車場や倉庫も備えられるでしょう。戸建て賃貸は、ペット可の物件も多く、周囲に気兼ねせずペットと暮らせます。

それから、屋根や外壁などに経年劣化が生じた場合、持ち家だと多額のリフォーム費用がかかりますが、賃貸なら貸主が全額負担してくれます。そして、取り壊しを予定している古い戸建て物件なら、賃借人が自由にリノベーションできるケースも珍しくありません。